无标题文档

トルファンの蘇公塔

2009-11-23 | ソース:人民網

 蘇公塔の全名は「オーミンホツォ報恩塔」で、「オーミン塔」ともいわれ、トルファン(吐魯番)の市街区から南東部へ4キロを離れたところにあり、トルファンの二代目の郡王のスゥレマン(蘇来曼)は清王朝がその父――オーミンホツォをトルファンの郡王に封ずるとともに代々受け継ぐ王位を下賜された厚いご恩に報いるため、また、その父を偲ぶために、その父が死去した1年後の1778年に建てたものである。オーミンホツォは清の康熙、雍正、乾隆の三つの時期を経て、清朝の軍隊に協力してジュンガルおよび大小ホツォの反乱を鎮圧し、何回も手柄を立て、相次いで「ザサク」、「輔国公」、「鎮国公」、郡王と封じられるとともに、乾隆皇帝が詔書を発して「ウォンティ(罔替)」という身分の世襲を認めた。

 蘇公塔の景観は蘇公塔とそのすぐ隣の1000人も収容できるモスクからなる。建築物全体は黄色のレンガを積み上げたもので、夕日に照らされるとこがね色に光り輝き、周辺の自然環境と渾然と一体をなしている。塔そのものはイスラム風の建築物とウイグル族の建築物の風格を兼ね備えたもので、15種の精緻な図案が施されており、塔全体の造型は素朴かつ荘重で、色合いも奥ゆかしい。建築物全体の配置は伝統的なイスラム風建築物のシンメトリーを重視する風格を打破し、塔そのものは配置全体の片側にあるが、いささかもアンバランスの感じがない。塔、門楼、本殿は渾然と一体をなし、不揃いでまちまちなのがかえって魅力的で、その優れた建築芸術には感服させられないわけにはいかない。その建築芸術と風格は中国のイスラム風建築物の中でユニークな道を切り開いたもので、得難いものである。現在、蘇公塔は国家クラスの重点文化財保護の指定を受けている。